前田工繊グループ

福島本社(旧グリーンシステム)〒960-8204 福島市岡部字内川原33-4
札幌本社(旧北原電牧)    〒065-0019 札幌市東区北19条東4丁目2-10
 

お気軽にお問合せください

福島本社
024-531-2711
札幌本社
011-711-6136

施設園芸の重要性と課題

未来のアグリの省エネ技術と、その実践による各種施設園芸の事例をご紹介します。施設園芸(ハウス園芸)は、大変に有効な農業生産技術として、欠かせないものになっています。

様々な問題をクリアし、安定した農産物の供給を実現する一方で、ハウス内環境制御を行うためのエネルギー消費=CO2排出の問題も考えなくてはなりません。

そこで、エネルギー効率を良くし、CO2を削減すると共に生産者の収益性も向上をめざし、様々な省エネ技術開発を推進しています。

グリーンシステムでは、従来の省エネ技術をさらに発展させ、独自の省エネシステムを開発、近年ではエコプロダクツ大賞(2009年)、省エネ大賞審査委員会特別賞(2012年)を受賞しております。

省エネハウス技術

ハウスの維持管理を行うには、油、ガス、電気等の省エネにより、エネルギーコストをいかにおさえるかが重要となります。二つの大きな賞に輝いた、グリーンシステムでは、独自の特許技術により、省エネハウスとは?

※未来のアグリの省エネシステムは、他社の仕様で建てられたハウスからのバージョンアップ施工も可能です!

事 例 紹 介

構造的には、設計条件に応じて基本構造は大きく3タイプあります。又作物によって高さや細かな仕様も変わって来ます。その実例の一部をご紹介しています。

 

お問い合わせ・お見積依頼はこちら  》》》