前田工繊グループ

福島本社(旧グリーンシステム)〒960-8204 福島市岡部字内川原33-4
札幌本社(旧北原電牧)    〒065-0019 札幌市東区北19条東4丁目2-10
 

お気軽にお問合せください

福島本社
024-531-2711
札幌本社
011-711-6136

防除(田畑を守る)

野生動物は警戒心の強いものが多く、いつも侵入していた場所に何らかの変化があれば、それだけで侵入を躊躇することは頻繁に観察されています。

従って、ロープを張っただけで、あるいは「進入禁止」の札をあちこちにぶら下げたらシカが来なくなった、ということも十分あり得る話です。

では、「ロープを張ればシカを防除できる」と言っていいのでしょうか?

実は、ロープだけでシカの侵入が止まったとしてもそれは一時的なことであって、動物側も安全だとわかってくればいずれ再び侵入して来るのであって、継続して農作物を守ることはできません。

防除柵以外では、忌避剤や、音・光などによる威嚇なども使われますが、継続的な効果という面からはやはり防除柵ということになります。

防除柵の種類は、金網(フェンス)、溶接金網、電気柵、樹脂ネット・漁網、シート柵、トタン柵など様々です。

また、対象となる獣種によって効果的な柵のタイプやかたちが変わって来ます。例えばシカ用に高い柵を設置しても、クマなら乗り越えてしまいますし、猿なら網目を潜りぬけるでしょう。イノシシ用に張った電気柵は、シカなら難なく跨いでしまうかもしれません。

ここでは、未来のアグリが扱う野生動物の防除柵の種類と、対象動物ごとの事例を紹介していきます。

防除柵の種類

交付金事業と相性の良い溶接金網、工事を伴う事業は金網フェンス、クマやサル対策ではほぼ必然の電気柵、それらの組み合わせや電気を流すネットなど多くのバリエーションがあります。

中でも、多少漏電しても能力落ちのない電牧器を使った電気柵にご注目を!
 

電気の流れるネット(電牧ネット)        

金網フェンス
ワイヤーメッシュ(溶接金網)
電気さく
電牧ネット
樹脂ネット

フラッドゲート、テキサスゲートなど、ややマニアックな工夫はこちらから

対象動物別事例紹介

シカには高さで対抗、イノシシは地際が勝負の分かれ目、サル、ハクビシンなど「登る動物」には「登らせて感電させる」。

動物の能力、大きさ、知能などを考慮して、動物ごとに最適の柵を、予算、設置環境などの条件の中で最大限実現致します。


 

心理柵である電気柵は目立ってナンボ。猪は青を認識するので、良く目立つブルーリボンワイヤーを

イノシシ >>
お問い合わせ・お見積依頼はこちら  》》》