前田工繊グループ

福島本社(旧グリーンシステム)〒960-8204 福島市岡部字内川原33-4
札幌本社(旧北原電牧)    〒065-0019 札幌市東区北19条東4丁目2-10
 

お気軽にお問合せください

福島本社
024-531-2711
札幌本社
011-711-6136

各種捕獲罠

1. パネル式囲い罠(鹿・猪用)

リピーターも続出、大好評のパネル式囲い罠
パネル:W1400 ×H2000/2500  Φ5mm-75mmメッシュ

上下枠は安定の50mm角、縦枠は角度自在のφ48.6mm丸パイプ

標準仕様(4.2×4.2m)の設置は二人で30分!超ラクラク!!

パネルはガッチリしたパイプ枠仕様のおかげで一箇所角を決めれば自立し、その後の設置作業が非常に簡単です。3枚×3枚の標準仕様では、二人で30分もあれば設置することが出来ます。

自治体で購入して農家さんに貸し出す場合等のように、頻繁な場所の移動を想定する場合には最適な罠です。

大きさは自由自在!角度も自在。生体捕獲にも最適。

パネルは1枚1.4m幅で、軽トラックで運べるサイズになっています。

標準は1辺3枚の正方形ですが、枚数を増やすことで簡単に拡張できます。また、丸パイプの採用で角度も自在に設定できますので、追込み部(通称ゾウの鼻)のついた大型の囲い罠をデザインすることも可能で、生体捕獲を志向する場合にも適しています。

もちろんICT連携もOK。

トリガーはゲートの重さに関わらず軽いタッチで作動します。

動物任せの作動も可能ですし、ICTを利用した遠隔操作や、AIによる自動捕獲にも対応可能です。

囲い罠の場合、動物任せでは1頭で作動してしまい効率が悪いようにも思われますが、実際には複数頭捕獲できるケースが多いようです。